一から経営のプロを目指す人必見!経営系の難易度の高い国家資格取得の比較

先ず経営分野の難易度の高い国家資格の種類と関連資格を押さえる

税理士の資格取得に向けて

難関資格でもあり高い人気のある税理士。試験は会計学2科目と税法の3科目を合格すれば資格取得となります。科目制度が採用されており、1年で5科目を合格する必要がありません。1年間で1科目ずつ合格を目指す勉強法もできます。

大学や短大で法律や経済学に関する科目を1科目以上の合格や司法試験合格者など、受験資格の条件は複数あります。その他、会計業務2年以上のような職歴によっても受験資格を得られます。

税理士試験に合格をした後は、税理士会に属する税理士による面接があります。資質があるかの確認はしますが、コミュニケーション能力などに余程適正が無いと判断されなければ税理士会の登録に進みます。

因みに筆記試験は専門性を問う記述式となり選択式はありません。合格ラインは60パーセント、合格率は大体20パーセントなので参考にしてください。

その前に関連した資格取得を目指すのも良し

税理士試験では簿記論や財務諸表論のような会計学、所得税や法人税法をはじめ税法に関する科目の受験となります。記述式となり、各種論理的な説明も求められます。大学などで経済や経営の学習経験をした人であれば、知識の積み上げに時間が掛からないかもしれません。しかし、簿記や法律に関する知識が浅い人には、税理士試験合格は非常に難しいでしょう。

少なくても簿記の資格取得は外せません。3級からでも良いので、着実に知識を付けたうえで受験するようにしましょう。

簿記のスキルがあれば税法に関する勉強を進める際、知識の積み上げをしやすくなるのが見込めます。税法は暗記が多く反復学習も必要ですが、隙間時間を用いてスマホや書籍を用いて税法の情報収集をするのもオススメです。効率の良い学習方法が見つかれば、合格する可能性が高まります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る