難易度の高い国家資格を徹底比較

一から経営のプロを目指す人必見!経営系の難易度の高い国家資格取得の比較

先ず経営分野の難易度の高い国家資格の種類と関連資格を押さえる

税務や会計資格の中で認知度が高めな税理士。試験を通じて会計や税法における幅広い角度から知識を測ります。勉強をしてなかった人には、特にハードルが高く感じるはずです。その場合は、難易度が高くない資格取得を目指す所から始めるのも良いでしょう。税理士資格を目指すために押さえておくとよい情報を伝えます。

今まで経営の勉強をしなかった人が税理士資格取得は難しいのか?

経営分野における国家資格は複数ありますが、決して簡単に取得できるものではありません。特に学生時代に経営分野の勉強をしていなかった人では、知識の積み上げだけでも相当な時間を要するはずです。

税務や会計のスペシャリストとして証明できる資格の1つは税理士。殆どの人が個人事務所を立ち上げて、事業経営者や個人への税金や経営に関するサポートをしています。

企業の財務諸表監査をはじめ会計の監査を専門とする資格を公認会計士。会社経営の不正や帳簿の修正の指摘をするのが中心となり、時には厳しいことも伝えなければなりません。会計に関する知識も要りますが、事業経営者や企業スタッフへの円滑なコミュニケーションを図れるスキルも欠かせません。

事業経営者への経営コンサルや企業内で経営のアドバイス及び診断を行う人向けには中小企業診断士。事業経営がプラス化できるようにサポートする仕事です。ファイナンシャルプランナーの資格を取得していると、節税や保険に関するアドバイスもできる可能性が増します。

なお、各種資格取得をする場合、財務や法律に関する必須科目や選択科目の筆記試験に合格も必要ですが、公認会計士や中小企業診断士の場合は口述試験などに合格しなければなりません。各種合格率は概ね10から20パーセントなので、ハードルが高い資格です。難しいと感じた時は、簿記をはじめ比較的難易度が高くない資格取得を目指すのも良しです。勉強には時間は掛かるでしょうが、一つ一つクリアできれば難易度の高い国家資格受験をしやすくします。

公認会計士の道もあるが決して楽ではない

会計における監査や修正のような指摘を行う公認会計士は、男女問わず人気のある仕事としても認知されています。知識だけでなく、時には厳しい指摘ができるコミュニケーション能力も求められます。資格取得目指すのも1つの方法ですが、社会人経験者であれば活かせる部分はあるかもしれません。

中小企業診断士の資格取得で経営者のサポートを図るのもあり

経営のアドバイスや黒字化を図るためのサポートをするのが中小企業診断士。業種を問わず事業者への的確なアドバイスをする以外に、時には行政や金融機関のような関連機関との繋がりを持つ仕事も行います。コミュニケーション能力も要りますが、事業経営の状況についても詳しく知っておくのも欠かせません。

TOPへ戻る